EC2監視はCloudWatchとエージェントのメトリクスで盲点ゼロへ

SaaS型サーバー監視ツール「Site24x7」で、フルスタックの可視性を手に入れろ。
1つの包括的なダッシュボードでCloudWatchデータとエージェント主導のシステムやアプリケーションのメトリクスを確認できるようになります。

EC2監視画面

動的なEC2インフラストラクチャの可視性をアップ

すべてを1か所に

EC2インスタンス監視のサイロ的アプローチを排除します。インスタンスメタデータとシステムレベルのメトリクスを組み合わせて、CloudWatchとスタンドアロンサーバーエージェントの両方に存在する非効率性を軽減し、動的なAWS環境を効果的に監視します。

サービス検出を簡素化

手動設定にかかる時間を短縮します。 Site24x7はCloudWatch APIを利用して、各アベイラビリティゾーンから実行中のすべてのEC2インスタンスをほんの数分で自動検出します。

簡単設定ですばやく起動

EC2プラットフォームの設定と監視は簡単です。AWSアカウントをSite24x7に接続するためのキーベースのアクセスを選択してから、エージェントをEC2インスタンスにダウンロードしてインストールするだけです。

仕組み

 

パフォーマンスの盲点を排除

ハイパーバイザーレベルとシステムレベルという2つの異なる観点からのメトリクスを組み合わせて、CloudWatchデータをOSのコンテキストで補強します。

パフォーマンスメトリクスCloudWatchエージェント
インスタンスCPU使用率
物理 CPU使用率
CPUクレジット使用率/残高
コアあたりのCPU使用率
EBSボリュームのパフォーマンスカウンタ
インスタンスストアボリュームのディスクI / Oパフォーマンス
EBSボリューム容量(未使用/使用中)
メモリ分割(未使用/使用中)
スワップ使用率(ページイン/ページアウト)&ページフォールト
その他のAWSサービス
ネットワーク帯域幅統計
プラグイン経由のアプリケーションメトリクス
プロセスレベルの粒度

両方の長所を活用 - Site24x7は、ネイティブのCloudWatch統合とエージェントからのシステムレベルのパフォーマンスカウンタを介して、基本的なインフラストラクチャメトリクスを収集します。

リソース使用率を分析してEC2環境を最適化

インスタンスは使用中または過負荷になっていますか?インスタンスタイプはアプリケーションのワークロードに適していますか?重要なパフォーマンスメトリクスを収集し、インスタンス内の計算リソースがどのように使用されているかを確認できます。

CPU使用率

割り当てられた計算ユニットのうち、現在実行中のアプリケーションによって使用されている割合を確認します。インスタンスのCPU使用率と物理CPU使用率を比較して、CPUスティールを特定します。

メモリ分割

各インスタンスのメモリアクティビティを監視し、スワップの使用状況(ページイン/ページアウト)およびページフォルトの詳細を把握します。警告メカニズムを設定し、ページまたはプロセスがメモリからディスクに移動したときに通知を受けます。

インスタンス負荷

負荷平均値は、CPUサイクルまたはディスクI/Oを受信するためにキュー内で待機しているプロセスまたはタスクの数に関する尺度となります。負荷平均値が割り当てられた計算ユニットの数を超え始めたときに通知を受け取るよう、アラートを設定できます。

EC2 instance CPU utilization usage chart

エラスティックなクラウド環境をさらに詳細に把握

EC2環境とその基礎となるコンポーネントを完全に理解し、問題を特定してトラブルシューティングを行います。

プロセスレベル監視

CPUまたはメモリごとに上位プロセスを検出して特定します。リソース消費量を分析し、CPU、メモリ、スレッド数、各プロセスのハンドル数など、さまざまなシステムパラメータのしきい値を設定して、アラートを受け取ります。

ディスク使用率

I/O操作やスループットとは別に、実際に使用されている接続ストレージ容量も確認する必要があります。エージェントがインストールされていると、インスタンスに接続されているボリュームに関する詳細を収集し、各ボリュームの使用状況に関するメトリクスを収集できます。

ネットワークインターフェースカードの統計

統合されたネットワークメトリクスをさらに集約。Site24x7はお使いのすべてのプライマリとセカンダリのエラスティックネットワークインターフェースを発見し、バイトとパケットの観点から入ってくるトラフィックと出て行くトラフィックのメトリクスを集め、ドロップされたパケットのようなネットワークエラーについても報告します。

Process and service statistics graph

クラウドサーバー上で動作中のアプリケーションを監視

Site24x7はすぐに使用可能なプラグインをサポートしています。これにより、Webサーバー、データベース、プロキシ、ロードバランサ、メッセージングシステム、その他たくさんのものを監視できます。現在ご要望に合わせてすぐに使用可能な50以上のプラグインをサポートしています。

アプリケーションスタック内の固有のリソースを監視するための独自のプラグインを作成したいですか? 心配は無用です。Site24x7のプラグイン用のオープンエコシステムにより、エージェントの監視機能をあらゆるアプリケーションに拡張可能です。アプリケーション環境を最適化するための独自のプラグインを作成してデプロイできます。

パフォーマンスデータのその先へ

可視化

インタラクティブなチャートやグラフを使用して重要な指標を視覚的に分析することで、リソース使用量に関する貴重な洞察を得ることができます。

自動クリーンアップ

終了したEC2インスタンスはSite24x7のコンソールから自動的に削除されます。

より簡単なデプロイ

Chef、Puppet、Ansible、SaltStackなどの構成管理ツールを使用して、新しくプロビジョニングされたインスタンスにエージェントを自動的にデプロイします。

データ保持

履歴データを表示し、パターンを分析し、それを意味のあるコンテキストに置くことで、パフォーマンスの問題を簡単にトラブルシューティングできます。

メトリックレベルのしきい値

複数のメトリクスにしきい値を設定し、警告ストラテジーを作成し、通知方法とタイミングを設定できます。

インシデント管理

ステータスに基づいてアラームをフィルターにかけ、緊急度に基づいてそれらをトリアージし、コメントを追加し、さらにSite24x7のアラームビュー機能を使用して技術者に通知します。

アラートの統合

アラートを既存のSlack、HipChat、PagerDutyの各チャンネルにシームレスに統合します。

問題のより迅速な検出

根本原因分析(RCA)レポートを使用して平均修復時間(MTTR)を削減します。

Site24x7の詳細なAWSインフラストラクチャ監視を30日間無料で使ってみる