サーバー監視、APM、Web監視もクラウドから

「監視にあまり工数が割けない…」という方の最適解。すぐ始められます。

まずはスモールスタートプランと価格を見る
A custom dashboard displaying multiple metrics as time-series graphs

SaaS型オールインワン監視ツール 「Site24x7」

サイトトゥエンティーフォーセブン

サーバーのダウンや問題の原因把握に役立ちます。Windows、Linuxはもちろん、FreeBSD、VMware、Dockerも監視します。プラグインを導入することでデータベースなどの特有な項目の監視もできます。

クラウド上の重要なアプリケーションを監視し 最適なパフォーマンスを確保します。AWS(Amazon EC2、RDS、S3など)やMicrosoft Azure、VMware、GCPなどを監視します。

 

全世界100以上の監視ロケーションからHTTPS、DNS、FTP、SSL、SMTP、POP、URL、APIなどのインターネットサービスのパフォーマンスを監視します。同様にプライベートネットワーク内のWebサービスを監視します。

ブラウザ上での実際のユーザーの操作を記録し再現します。ログインフォーム、ショッピングサイト、Webアプリケーションのサイトスピードをより効率的に把握できます。

 

アプリケーションサーバーやアプリケーションコンポーネントで発生している問題を特定します。Java、.NET、Ruby、PHP、AWS、Azure、モバイルアプリのパフォーマンスを監視します。

RUM(Real User Monitoring)機能で実際にWebサイトにアクセスするユーザーのアプリケーション体感を測定します。 ブラウザー、プラットフォーム、地理、JSP等のパフォーマンスを分けて分析し、Apdexでユーザー満足度を点数化します。

 

ビジネスの透明性に役立つステータスページ。 サービスのステータスを監視し、ダウンを検知した場合、サービスステータスを即座に顧客やサービス部門に通知します。

安全で拡張性がありリーズナブルなMSP(Managed Service Provider)/ CSP(Cloud Service Provider)向け監視スイートによりお客様のITインフラを効率的に管理できます。

 

ルーターやスイッチ、ファイアフォールのような重要なネットワーク機器を包括的に監視します。 複雑なネットワーク管理が求められる中で詳細で視覚的なパフォーマンスデータを取得できます。

アプリケーションログの収集、集約、インデックス化、検索等によりトラブルシューティングやログ管理に活用いただけます。よくあるアプリケーションやログのフレームワークに対応しており、簡単に始められます。

プランと価格

すべてのプランですべての機能を使えます

STARTERプラン

2,000円/月

1,750円/月

(年間契約時)

PROプラン

7,000円/月

6,666円/月

(年間契約時)

CLASSICプラン

17,000円/月

16,833円/月

(年間契約時)

ENTERPRISEプラン

85,000円/月

84,833円/月

(年間契約時)

FREEプランはこちら5 ページ/サーバー監視 | 1 ステータスページ公開 | AWS $3,000/月分 クラウドコスト管理

プランと価格の詳細を見るMSPプランを見る

よく比較されるサーバー監視ツール

ここではSite24x7ユーザーが比較検討することの多い代表的なサーバー監視ツールをご紹介します。それぞれに強みがあるので、それぞれのお客様の要件にマッチしやすいツールをお選びいただくことをおすすめします。

ツール名エージェント提供体系こういう方にオススメ
Zabbix必要オンプレミス型予算はないが、OSSを扱う技術力はある。また、特殊な要件がある。
Datadog / Mackerel必要クラウド型予算が十分あり、すぐ始めたい上、スクリプトなどによる機能拡張も楽しみたい。
OpManager不要オンプレミス型予算があり、機能も国内導入実績も十分なツールで、時間をかけずに始めたい。
Site24x7選択可(比較表クラウド型予算は限られているが、今すぐ気軽に、わずかな時間の中で監視を始めたい。

サーバー監視ツールの必要性

サーバー監視ツールとは、WindowsLinuxで構築されたサーバーが正常に稼働しているかを可能な限りリアルタイムに把握することを目的に、サーバーのダウンやCPU、メモリ、ディスクの使用状況、サービスやプロセスのパフォーマンスといった情報を定期的に確認する監視業務を支援するソフトウェアです。

サーバー管理者は、各サーバーにアクセスし、Windowsであればタスクマネージャーで、Linuxであればコマンドを実行することで確認することができます。しかし、複数のサーバーを担当する管理者はもちろん、一台のサーバーを担当する管理者にとっても、これらを定期的に実施する業務は非常に骨の折れる作業です。さらに、現在はクラウド化の過渡期にあり、物理、仮想化、クラウドと、複数の環境でサーバーを運用している現場も少なくありません。これにより、監視業務はより煩雑化しているのが現状です。

そこで、多くの管理者がマルチベンダー環境に対応したサーバー監視ツールを導入しています。また、最近は、監視用のサーバーがダウンするという事態を避けるためにSaaS型のサーバー監視ツールを導入する管理者が増えています。

ゾーホージャパンが提供する「Site24x7」もSaaS型サーバー監視ツールのひとつです。「気軽で簡単」が特長で、サーバー監視に必要で十分な機能を提供します。しかも、無料で試すことができます。是非、お試しください。

動画でわかるSite24x7

  • サービス紹介動画

    Site24x7の概要と機能を詳細に説明しています

  • 3分動画

    これはいい!3分でわかるSite24x7の強み